格安SIMがWiMAX2+やPREMIUM 4Gの代わりになるには時期早々

今年は格安スマホ(実際には格安SIM)が大頭しています。これはこれまで規制により存在しなかった音声通話に対応したのSIMカードが様々なMVNO(Mobile Virtual Network Operator)から出てきたことによります。これにより、WiMAX2+やPREMIUM 4Gの不要論を唱える記事もちらほらでていますが時期早々でしょう。

格安SIMでテザリングをするにはSIMフリー端末が必要

格安SIMがWiMAX2+やPREMIUM 4Gに比べて優位であると力説する人の中には、「テザリングで事が済む」と主張します。ですが、格安SIMでテザリングを行うためにはSIMフリーの端末が必要であることを見落としているのではないでしょうか。

本来、格安SIMカードを使うためにはSIMフリーの端末が必要になります。しかしながら、現状は、楽天モバイルなどのdocomo系のMVNOであればdocomoの端末が使え、mineoなどのau系のMVNOであればauの端末がSIMロック状態のまま使えます。ただ、それなりに制約がありデータ通信はできますがテザリングを行うことができません。つまり、SIMロックされたままのでスマートフォンをモバイルルーター代わりに使うことはできないのです。

これはネットワークを提供するキャリアの方で、モバイルルーターを利用したデータ通信のサービスが展開されているため、MVNOと自社でユーザーの奪い合いにならないように配慮されてのことだろうと思います。

高速で従量制か低速で無制限化の選択肢

格安SIMには高速で従量制のSIMカード(たとえばNifmoなど)や低速で無制限のSIMカード(UQmobileなど)が存在します。そもそも高速で従量制のSIMカードではデータ通信量の単価がdocomoに匹敵するほどのものもあり、もはや格安SIMとは言えないものもあります。一方、低速無制限のSIMカードは1Mbps~5Mbps程度の速度しかでないものもあり快適とはいえません。つまり、まだまだWiMAX2+やPREMIUM 4Gに匹敵するサービスレベルではないといえるでしょう。

統合されるまではまだ時間必要

もちろん、ルーターとスマートフォンを2台持ち歩くのは手間ですのでいずれルーターはスマートフォンに統合されていくことは予想できます。ただし、そのためには電池の持ちの問題や通信料(データ量ではなく料金)の問題がクリアされなければなりません。格安SIMがようやく出そろった段階ですので後3,4年くらいはかかるのではないでしょうか。

第4世代モバイル通信(4G)についての考察。LTE-Advanced/WiMAX2+など。

今年になってから4Gと呼ばれるサービスのリリースが相次いでいます。これまでの擬似4Gと呼ばれるもの(いわゆる3.9G)ではなく、真の意味での4Gです。例えば、商用ではNTTdocomoのPremium 4GやUQWiMAXのWiMAX2+がこれに相当します。ネットワークエンジニアとして一度、現在の4Gの技術についてまとめておくのに良い機会だと思いました。

NTTdocomoのPremium 4G

国際標準化団体3GPP(3rd Generation Partnership Project)によって標準化されたLTE-Advanced(LTE-A)という技術を導入しています。Premium 4GというのはNTTdocomoのサービス名です。

コアになっている技術は2つ

一つ目は、他社でも導入済みのキャリアアグリゲーション1.7GHzと800MHzまたは1.5Ghzと2GHzという異なる周波数の帯域を束ねてより安定的で高速な通信を可能にする技術です。最近では、2GHzと800MHzのキャリアアグリゲーションも始まっています。ベストエフォートで150Mbps+75Mbps、あるいは112.5Mbps+112.5Mbpsの225Mbpsの受信速度を実現します。

もう一つは、アドオンセルという技術。こちらはあまり聞いたことがないかもしれませんね。広範囲のエリアをカバーするマクロセルの中に、補助的なスモールセルを置いてキャリアアグリゲーションすることで、より安定的な通信を行おうとする技術です。例えば、これまで部分的に電波が悪い、通信速度が遅いといったエリアがありませんでしたか?そのエリアの中に、スモールセルをおくことで改善を図ろうというものです。ポイントは高速移動などでマクロセル間をまたぐ間も通信の安定性が保たれるということです。なおこのLTE-Advanced(LTE-A)、試験段階ですがギガビットでの転送も可能な技術です。

UQWiMAXのWiMAX2+

WiMAX2+の前進のWiMAX2よりIMT-Advancedとして承認されています。ベストエフォートで110Mbpsであった受信速度も、キャリアアグリゲーションによって220Mbpsにまで向上しました。時速300キロ以上の高速移動中であっても、安定した通信が可能です。なお、WiMAXに関する情報はwimax キャンペーンの比較サイトより出典させて頂きました。実際にWiMAXの様々なプロバイダーを利用した経験のある方が書かれており大変参考になります。

コアになっている技術2つ

一つ目は、NTTdocomoと同様のキャリアアグリゲーションです。これまでWiMAX2+の前進であるWiMAXに割り当てられていた帯域を利用することで220Mbpsの受信速度をベストエフォートで実現します。NttdocomoのPremium 4Gに比べて5Mbpsほど劣るのですが、実際はほとんど差はないといっても過言ではないでしょう。

2つ目は4×4 MIMO(multiple-input and multiple-output)、という技術です。MIMOとはマイモと呼びます。このマイモという技術は何もWiMAXに特化したものではありませんが、4×4MIMOを商用利用したのはUQWiMAXが初めてでした。4×4MIMOが具体的にどういう技術かというと、4×4という名前のとおり、送信側に4本と受信側に4本の合計8本のアンテナを使って通信を行います。これまでWiMAXで用いられてきた通信技術は2×2MIMOでしたので単純に倍になったということですね。それにより通信の速度も110Mbps×2になっています。

周波数によるエリアに違い

先ほどの記述で述べましたが、Premium4GとWiMAX2+に速度的な違いは余りありません。両者とも今後通信速度の向上を図っていくことでしょう。ただし、キャリアアグリゲーションによって束ねる帯域の周波数によりエリアに違いがでると思います。

Premium4Gの場合、キャリアグリゲーションを行う周波数の帯域は800MHz帯域から2GHzオーバーと幅がひろいのが特長です。一方、WiMAX2+はというと、2Ghzオーバーの帯域のみとなりますので、屋内の入り組んだ場所にはあまり強いとは言えないでしょう。このあたりのことはUQWiMAXも考えているはずだと思いますので、今後新しい技術が出てくるかもしれません。

今後の展望と現状について

今後、UQWiMAXは2017年を目標に下り最大1Gbpsまで速度向上を目指すと言っています。また先述の通り、NTTdocomoでもギガビット単位での試験が開始されています。無線通信が固定回線を超えるとは思いませんが、近いうちに遜色のないデータ通信ができるようになる日も近いかもしれませんね。とはいったものの、現状でもPremium 4Gせよ、WiMAX2+にせよ相当速くて安定した通信が可能になっていますので利用してみるのも良いかもしれません。

 

WiMAXを地方で利用するには4G/LTEのオプションを付けるのがおすすめ

自宅や通勤時での利用に重宝

家にいる時や外で電車に乗ったときもつながるのでとても重宝していました。しかしWiMAX回線は今後WiMAX2+に移行することもあり、近い将来使えなくなります。まだしばらくは使えそうなのですが、私の地域ではWiMAXはすでに速度を遅くされておりちょっと残念。WiMAX2+では3日で3GBの通信制限がつくので移行はちょっと考えています。

使い放題であることがとても気に入っていましたので制限が入ってしまうのは残念ですが、ほかに選択肢はないのでしばらくは使い続けると思います。

WiMAXのエリアについて

建物の中ついて

WiMAXは比較的広域をカバーしているとは感じます。ただ建物の中や地下街は基本的につながりません。また百貨店に入ってもつながるのはせいぜい1階か2階までで地下1階になるともう電波はありません。まぁ、そのような場所は携帯電話も電波が悪いので仕方ないかな?とも思います。

地方の電波状況ついて

WiMAXは基本的に地方にも基地局はあるのですが、主要駅周辺がメインのエリアです。当方は富山地方の駅の近くに住んでいますが黒部、魚津などは基地局があり電波が入りますが、中にはほとんど入いらない駅もあります。エリアについてはもしかするとワイモバイルの方が、強いかもしれませんね。似たようなエリアにお住まいの場合は、4G/LTEのオプションを付けることをおすすめします。

それでも、選択肢として残るのはWiMAX

不満も多くなりましたが、それでも使い続けているのは、今のところモバイルデータ通信ではWiMAX以外に選ぶ選択肢がないためです。ライバル会社のワイモバイルはWiMAXよりも厳しい速度制限をいきなりかけたり、他社は料金が高かったりと、どこの会社も長所や短所がそれぞれあります。WiMAXは不満がありつつも消去法では一番良いのではないでしょうか?

リンクライフのWiMAXをMobile Slimで使用

一昨年、一人暮らしの引っ越しを機にWiMAXを使い始めました。プロバイダはリンクライフです。外出時はタブレット使用でWi-Fi接続のネット閲覧、家でもPCのネット閲覧が主なので、固定回線を引かず、モバイルルーターのみでやっていこうと決めました。決め手は月々約4000円という料金にありました。

WiMAX初代のルーターはMobile Slimです。WiMAX時代は、ルーターの置き場所によって接続スピードが遅いなど、決して快適とは言えなかったと思います。駅構内や移動中の繋がりにくさも感じました。しかし朗報が!今年の3月、プロバイダの会社からWiMAX+2に現契約者は無料で乗り換えられるとの連絡があり、ネット用語などに全く知識のない私は「+2って何?」と思いながらも、やがてWiMAXは+2に置き換えられていくとのことで、それはまずいと思い乗り換えました。制限、速度、下り・・・、こうした用語に全く無知でしたので、デザインだけでWX01を選びました。

さっさくWiMAX+2でネット接続してみると、「速いっ!」。さくっとページが現れたのには感動しました。ネットラジオでもチューンアップのスピードがWiMAX使用時と比べて格段に速いです。しかしある時から、ページ接続の速度がガクッと落ちて「????」、という状況に出くわしました。「ひょっとして、制限というのはこれのこと???」。思い返すと、数日前に音楽ファイルを繰り返しダウンロードしたことに思い当たりました。コップの水がいっぱいになると溢れだすように、ダウンロードコンテンツが一月のうちに7Gバイトを越えると速度に制限がかかってしまうのです。サポートセンターに連絡して事の顛末がわかった時は「そんな〜」という気持ちになりました。音楽ファイルのストリーミングなど日常的に行っていると本当に7GBなどあっという間です。映像をよくご覧になる方や音楽ファイルを再生する方はモバイルルーター一本では厳しいかもしれません。そこのところはよくお考えになった方がいいかと思います。しかし、WiMAX+2の接続スピードは本当に素晴らしいと思います。そしてひっそりと無制限プランが始まっていることを知り(そこは大々的に告知してくれないみたいですが・・・汗)、来月からプランをそちらに変更しました。今は亀のように遅い接続スピードに苦しんでおりますが、無制限になるならどんと来い!WiMAX+2最高!になると思います。今から楽しみです。

プロバイダーはGMOとくとくBBを試しています。

私の利用しているプロバイダはGMOとくとくBBです。
利用しているルーターはWIMAX2+契約時に無料で頂いたWX01を使ってます。
WIMAX2+を利用してみようと思った理由は、それまでADSLを使っていたんですが、通信速度がとにかく遅くて不満だったのを解消したいと思ったことです。
他にも光回線やJCOMのケーブルとかもあるんですが、私の住んでる所は県営団地なので回線を引く工事をするために許可が必要だったので、そういう煩わしいことはしたくない、そう考えた時に工事が必要ないWIMAX2+がいいんじゃ?と思いました。
一通り調べてみると、契約後に送られてきたルーターをコンセントに指せば即使用可能、バッテリー内臓で持ち運びも可能で、是は便利そうだなって印象を受けました。

プロバイダをGMOとくとくBBにしたのは、単純にキャッシュバック金額が一番多かったからです。
会社によって月々の料金が安かったりスマホ割引があったりと、人それぞれの条件でどこが一番お得かは変わってくるとは思うんですが、私の環境ではGMOとくとくBBが一番安かったので、ここに決めました。

実際に使ってみてよかったのは、持ち運びできるところです。
基本的に自宅でしかネットはしてなかったんですが、外出先でもルーターを持ち歩けばWIFI通信ができるので、スマホとか通信量を気にせず使えるのでこれがなかなか便利なんです。
あと通信速度ですが、私の場合以前使っていたADSLとの比較になるのでかなり早いって感じてしまいます。
WIMAX2+は大体20m/bpsの通信速度、通信制限がかかった時は残念ながら1m/bpsぐらいになってしまうんですが、今までADSLだと2m/bpsしか出てなかったので遅い時でもそれほど不満に感じず使えてます。
この1m/bpsの時はプラウザを開いたりのネットサーフィンはできるんですが、動画を見るのはツライって感じです。

一応契約プランはギガ放題っていうプランなんですけど、これでも通信量が三日で3G超えると制限がかかってしまうので、動画を見まくる人だと大変かもしれません。
逆に私のように動画をほぼ見ない方なら通信量はとくに気になりませんし、出先でもWIFIができたらいいなあと感じてる人にはお勧めだと思います。

WX01の調子が良いです。

今自宅でも光回線を使用していますが、外出が多く、ノートPCやタブレットでの外でのインターネット環境が欲しくなり、WiMAX2+に申し込みしまし た。またWiMAX2選んだ訳はauスマホ使用していまして、auスマートバリューmineが適用される事が最大の理由です。

まず一番のメリットですが、回線速度が速く使用感が自宅での光回線使用のインターネット使用感と同じ様な感じで使えます。また私の行動範囲では外出時の電 波が弱くなる事がほとんど無く、電波が原因でインターネットが出来なくなる事は今現在無いです。WX01も小さくポケットの中に入れ、外では使用していま す。充電の持ちも私の条件に合っているのか、使用していて電池が無いと感じた事はございません。今では自宅でのインターネット使用は光回線と WiMAX2+両方で使用し外出時には必ずWiMAX2+を使い、WiMAX2+導入前より、どこでもインターネットを使用出来て大事な仕事関係のメール も逃す事なく、お客様に早い返信が出来る様になり、いい事が多いです。また料金については私の同居家族は皆、auのスマホを使用しています。auスマート バリューmineも適用出来ますので、毎月auスマホの料金から割引が受けれるのは複数の回線を使用している私には大変ありがたいサービスです。

まず私の住んでる地域では電波状態が大変いいです。この部分ではWiMAX2+が多くの地域で優位ではないかと思います。プロバイダーによっては多くの キャッシュバックなどキャンペーンが有ります。ギガ放題で月間通信料規制もありません。回線速度も大変速く自宅で光回線使用している私が不満に思う事は無 いです。auスマホなどご使用でしたら、お得感はより感じられる事だと思います。私は大変満足しています。外で家で自由に使えるWiMAX2+おすすめし ますね。